メディカルアロマとは|東京メディカルアロマスクール|ホリスキュア

東京メディカルアロマスクール東京メディカルアロマスクール
HOMEHOMEコース一覧コース一覧講師紹介講師紹介スクール概要スクール概要

見学・体験レッスンお申込みはこちら見学・体験レッスンお申込みはこちら

当スクールが選ばれる7つの理由当スクールが選ばれる7つの理由

 メディカルアロマとは

▲下線部をクリックするとその項目まで移動します

  メディカルアロマとは

メディカルアロマとはアロマテラピーと言いますと「リラクゼーション」を思い浮かべる方は多いと思います。
フランス・ベルギーでは医療現場や治療にアロマテラピーが数十年前より活用されています。長年の経験と膨大な臨床データーを元にしたレシピや、実際に効果があった精油の化学的成分を学び、不快症状の緩和や医療現場でも活用することがメディカルアロマテラピーです。
これらのデーターやレシピを日本で精査し、理論的で効果的なメディカルアロマテラピーの実践を行うことが今後の日本での医療機関や介護分野でも期待されています。治療の補助やケアや看護・介護において導入しているも現場も増えています。「東京メディカルアロマスクール」の卒業生も様々な分野で活躍されています。
ただ単に「香りを嗅いでリラックス」だけではなく、香りは「脳」へ影響を及ぼします。
「快・不快」「やる気」「記憶」に関わる部分に働きかけながら、精神面はもちろん自律神経・ホルモン・免疫系にも影響を及ぼします。メディカルアロマは、これらの香りの効果にプラスアルファの作用をもたらし、不快症状の緩和や病気の予防に役立てられる今後注目の分野です。(認知症とアロマテラピーなどは注目されている分野です)
今後、学ぶなら、「香りによる」リラクゼーション以上の効果が期待でき、様々な分野で活用度が高く、化学的な裏付けのある本物の「メディカルアロマテラピー」をお薦めします。

  「メディカルアロマセラピー」と「陰陽五行説」を融合

さらに、当スクールでは、「メディカルアロマセラピー」と東洋医学の思想の基となる「陰陽五行説」を融合させた新しいアロマセラピー、『メディカル五行アロマ®』を提唱しています。

五行とは東洋医学の世界観で、宇宙のすべてのものを5つの要素「木・火・土・金・水」にあてはめ、自然や人間の体のタイプ(体質)を説明しています。ご自身がどの五行タイプにあてはまるかを理解しさらに体質に合った精油を使用することで、不快症状を改善していきます。

陰陽五行説

まず、自分を知り、自分を見つめ直し、よりパーソナルな体質、症状に合わせた処方は、精油の効果を何倍にもパワーアップします。
大自然の恵みであるアロマセラピーと東洋医学は、様々な日常の不調や精神的な疲れを取り除き、精神と肉体のバランスを取り戻す助けになると信じています。

体験レッスン申込はこちら体験レッスン申込はこちら

  ナードについて

ナードとは

~日本でメディカルアロマテラピーといえば「NARD JAPAN」~

NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)は、1998年に日本に設立された(実際には 1994 年より活動)ベルギーに本部を置き、発足以来フランス式のメディカルアロマテラピーの情報収集と研究開発及ぶ啓蒙を行う「メディカルアロマテラピーの草分け的」団体です。[Natural Aromatherapy research and Development]

世界各国のアロマテラピー研究機関と提携し、 ホームケア目的の一般 の方から、さまざまな専門分野の方まで、アロマテラピーに関する必要情報を提供していく機構として設立されまた。当会はアロマテラピーが、日本及び各国において、健全に評価され、普及していくことを、 目的とし活動しています。
ベルギーの本部と提携しながら日本独自の教育・研修システムの確立し、専門書籍の出版、翻訳、セミナー開催等メディカルアロマテラピーが正しく普及・活用されるように努めています。

会長
指田 豊(東京薬科大学名誉教授) ~日本~
顧問
川口 建夫(薬学博士・城西国際大学教授)
仁科 博道(東京大学先端科学技術研究センターシステム生物医学ラボラトリー産学連携研究員。医学博士。)
三上 杏平(前会長・精油の化学分野の第一人者) 他

ドミニック・ボドゥ-博士 ~ベルギー代表~
第 1 回グラース国際芳香学シンポジウムにて講演以降、グラース国際科学アロマテラピーシンポジウム・フィトアロマテラピー欧州学会等講演・著書多数
Ulb(ブリュッセル自由大学・薬学部教授
Ucl(ルーヴァンカトリック大学・薬学部教授
Angers 大学(フランス)薬学部教授  他

ナード協会の活動と目的

NARD JAPANはヨーロッパでのメディカルアロマテラピーの情報発信の中心である研究機関NARD (Natural Aromatherapy Research and Development:ベルギー)の日本での窓口としての活動や、 独自に2004年よりアロマテラピーに関する研究・研修センターを設置して各種ハーブの試験農場・ 蒸留抽出の実験・ガスクロマトグラフィー等による精油の成分分析を行い、これらのデータをもとに大学及び各研究機関と 提携し研究発表をしていきます。

アロマテラピーの知識が正しく理解され、多くの方がアロマテラピーに接して、活用される機会を広げる様、 スクール・セミナーなどの教育・研修のシステムを作り、アロマテラピーの普及・啓蒙の活動をしています。

<ナード協会の目的>

1.アロマテラピーの研究と関連情報の収集
2.アロマテラピーの普及・啓蒙
3.アロマテラピーの研究者、治療家、愛好者及び国内外の関連機関や団体との交流
4.精油等の成分分析・検査分析等の受託
5.教育事業として認定校を設定し、テキスト作成、検定・登録、認定証の発行を行う

体験レッスンお申込み体験レッスンお申込み